がん(癌)・手術・治療

犬や猫も人間と同様に死亡原因の第一位はがん(癌)です。犬では、死亡原因の25%ががん(癌)であり、10歳以上の犬の50%がガンにかかっているという報告もあります。渡邊動物病院はがん治療に力を入れ、動物たちが苦痛なく生活できるように最善の治療を尽くします。ガンを宣告された動物の飼い主様も、どうぞあきらめずにご相談ください。

当院での主ながん治療の紹介

光免疫誘導療法 光線力学療法 レーザー温熱療法 レーザー凝固療法 免疫増強療法

光免役誘導療法は肝胆道系検査薬として開発された非常に安全な色素剤であるインドシアニングリーン(ICG)に生体の細胞膜と同じ材料で作られたリポソームという気泡状の小胞体を結合させ、腫瘍組織内に粒子が蓄積しやすい形にして血管内に投与し、本剤が腫瘍に蓄積した段階で、レーザー照射することにより、温熱効果や、がん細胞に対する免疫を誘導し、より効果的ながん治療を目指すものです。
本治療は、1クールを3週間とし、ICG結合リポソームを静脈内投与後、レーザー照射を週3回以上行います。

レーザー温熱療法は、がん細胞に取り込まれる薬剤と特殊なレーザー光を使用し活性酸素によりガン細胞を壊死させる「光線力学療法」と、がん細胞の生存温度の上限(42℃程度)と正常細胞の上限(45℃程度)の差を利用してガン細胞のみを壊死させる「温熱療法」を組み合わせた治療法です。抗ガン剤を使用した場合でも局所的にごく少量を使用するため副作用・合併症のリスクはほとんどありません。このほかにも、様々ながん治療が可能です。

がん治療でお悩みの飼い主様は、ぜひ当院にご相談ください。