渡邊動物病院の眼科治療

ペットにこんな症状はありませんか?

目の病気は、早期発見・早期治療が重要です。大切なペットの視覚を失わせないためにも、上記のような異変がある場合は早めに立川の渡邊動物病院までお越しください。当院では眼科手術にも対応し、緑内障や白内障、角膜疾患、視力低下、眼内炎、腫瘍といったさまざまな眼のトラブルを診療しています。

緑内障は特にスピーディーな対処が必要です!

緑内障は、失明するリスクが非常に高い目の病気です。目の中を満たしている「房水」が過剰に分泌される、もしくは排出されにくくなることで、目の中の水圧(眼圧)が上昇します。眼圧の上昇により、視神経を構成している細胞が死んでしまうのです。急性の場合、発症してから48~72時間後には失明してしまうと言われています。

こんな症状がある場合は緑内障かもしれません
  • 目をしょぼしょぼさせ、涙を流す
  • 目を痛がっている
  • 目が急に白っぽく濁る・充血する
  • 左右の瞳孔の大きさが違っている
  • 眼球が大きくなっている

上記のような症状が出た場合は、急いで当院にお越しください。また、ゆっくりと進行していく慢性緑内障の場合、症状が確認されるまでに時間がかかります。病気の兆候がない場合も検診を受け、眼圧検査で早期発見に努めましょう。

緑内障のレーザー治療を行っています

立川の渡邊動物病院では、緑内障のレーザー治療を行っています。房水を生産している「毛様体」をレーザーによって焼くことで、房水の生産と排出のバランスを取り、眼圧を正常に戻します。ただし、緑内障の完治は難しいため、点眼薬などを用いながら、その後も眼圧を低く保つようにケアしてあげることが大切です。残念ながら診療時にすでに視力が失われていた場合には、痛みを取る施術や、保存療法などを行います。